新作Ryoの椅子

IMG_5742.jpg
             左からウォールナット、チーク35万円オクメ27万円
 
 木工は木の特質から言っても、加工の常識があります。
今回、あえて常識を覆して椅子を作りました。材料の使い方は、総て木口を上向きにして作りました。立っている木の状態で、椅子を作る。彫刻をする時と全く同じです。
 板状の木を木口を上にして積層して椅子の形の塊を作ります。その塊からチェーンソー、ノミを使って掘り出し、サンダーで形を整えながら磨き上げ、最後は手磨き。。そしてオイル仕上げにする。
 作る形は1点1点異なった形になるが、手間と時間が限りなくかかる為価格が高くなってしまう。価格はチーク、ウォールナット、マホガニは35万円、オクメは27万円、1か月1台の限定予約製作とします。
 この椅子の名は“Ryoの椅子”
この椅子の類似品があるのか探したが、今の所ありませんでした。
良工房の名と私の名前から取って“Ryoの椅子”としました。


 | ホーム |